診断
雨漏り診断
横浜 府中 杉並区 武蔵野で外壁塗装・屋根塗装ならヤネカベ 横浜 府中 杉並区 武蔵野
ヤネカベへのお問い合わせはこちら 横浜 府中 杉並区 武蔵野 各地域対応 横浜 府中 杉並区 武蔵野 各地域対応 外壁塗装・屋根塗装 スレート モルタル
ヤネカベへのお問い合わせはこちら 横浜 府中 杉並区 武蔵野 各地域対応 横浜 府中 杉並区 武蔵野 各地域対応 ヤネカベへのお見積もりはこちら
発信者番号を表示する
  • HOME
  • 塗装業界の裏ばなし

塗装業界の裏ばなし

普通は教えてくれない塗装業界のネタばらし
「業者によって言うこと、金額がバラバラ!」
「チラシにネットに訪問販売、何を信じていいのか分からない!!」
「外壁塗装の金額はどれが適正なの!?」
最近お客様からこんな声をよく耳にします。
塗装と言えども、色んな塗料があります。安さだけをうたってくる会社は危険です。
知っておいていただきたい事はたくさんありますが、最低限知っておいてほしい4つの事と、値段のからくりをお教えいたします!
その1:見積書の単価が平米表記には要注意!
実は、外壁塗装工事の見積書で不明確にさせている点があります。
例)外壁塗装工事見積書
工事名称 数量 単価(円) 金額(円)
フィラー下塗り 100m2 600 60,000
水性シリコン中塗り 100m2 800 80,000
水性シリコン上塗り 100m2 800 80,000
この見積書は普通じゃないのと思った方は、重大な事に気付いていません。 平米単価の中には、①材料(缶数) ②施工費(手間) の2つあるのにも関わらず、平米いくら?:とわからないように表示をしています。
この考え方が一般的に広がっていますし、業者さんもそういう表現をしているから当たり前になっていますが、ココが要注意のポイントです。
お金
材料の缶数は、塗料の種類・外壁の種類と劣化具合・何回目の塗装かでも塗布量というものが違ってきます。それにより施工費も変わってくることもあるのです。
塗料+施工費(手間)を合わせて平米単価表記している当たり前になっている塗装業界の常識は、実は非常識というより騙しのきく業界になっているようです。
「平米単価表示でいいじゃないですか?」なぜなら、現場によって多少の誤差もあるから仕方ないという考え方が残っている業界なのです。 これで良いと思いますか?
見積りは下塗り材・上塗り材・施工費としっかりと区分けして表示することは当たり前で、今の劣化状況に必要な材料の缶数(塗布量を守る)表記と施工費を分けることは最低不可欠です。
いずれにしても塗料缶の数・メーカー名・商品名を明記されていない見積りには要注意です。
例)外壁塗装工事見積書
工事名称 数量 単価(円) 金額(円)
日本ペイント 水性シーラー 15kg 1缶 15,730 15,730
日本ペイント 水性シリコン  15kg 1.5缶 27,000 40,500
シリコンプラン施工費 100m2 1,200 120,000

その2:付帯部一式ウレタン塗料はNG!
OKとNG
皆さん主剤にのみ気を取られて付帯部のことをないがしろにしてませんか?
付帯部とは雨樋・破風・雨戸など外壁に付帯する細かい部分の事です。
付帯工事の部分では、ウレタン塗料がよく使用されます。ウレタン塗料は、安くてお手軽な塗料ですが、何年か先のことを考えるとあまりお勧めできる塗料ではありません。

外壁を良い塗料で塗装する場合、「付帯部分一式はウレタン塗装にしますね。」は塗料の耐用年数の違いがありすぎて、バランスが取れないのはもちろん、素材自体(特に木部)が持たないケースもあり、数年後に追加工事を行う場合も出てきます。
ですので、付帯工事部分の場合でも、シリコン以上の塗料をお勧めいたします。

その3:同じシリコン塗料でも値段は倍違う!
メーカーによって定価が異なる
現在の塗装業界で一般的な外壁用塗料といえばシリコン塗料です。
ですが、このシリコン塗料には特徴があります。

それは、同じシリコンでもメーカーや性質によって定価がほぼ半額ということがあり得るのです。

その中でも一番定価が安いのが水性シリコン。
そこに業者はつけ込んできます。
これがさらにUV非対応やメーカーによっても大きな開きがあります。 同じシリコン塗料でも価格に大きな開きがあるのです!
プロタイムズ総研の無料ビデオ診断はここまでやります!!
塗装ってなぜ必要? 失敗しない塗装業者の選び方

ヤネカベが大切にしているたった1つのこと
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
  • 外装リフォーム勉強会
  • お問い合わせ
  • お見積もり
  • 資料請求
  • 勉強会