診断
雨漏り診断
横浜 府中 杉並区 武蔵野で外壁塗装・屋根塗装ならヤネカベ 横浜 府中 杉並区 武蔵野
ヤネカベへのお問い合わせはこちら 横浜 府中 杉並区 武蔵野 各地域対応 横浜 府中 杉並区 武蔵野 各地域対応 外壁塗装・屋根塗装 スレート モルタル
ヤネカベへのお問い合わせはこちら 横浜 府中 杉並区 武蔵野 各地域対応 横浜 府中 杉並区 武蔵野 各地域対応 ヤネカベへのお見積もりはこちら
電話でのお問い合わせはこちらから

横浜市旭区の屋根カバー工法(GMルーフ)と外壁塗装

after.JPG

お客様のご要望

O様はのお宅は築13年。はじめてのメンテナンス時期ということもあり数社でご検討をされており、すでに見積りもお持ちでした。弊社にもご相談して頂き診断、お見積りをさせて頂き、工事を弊社にお任せいただくことになりました。 屋根はスレート瓦が層間剥離を起こしており、塗装でのメンテナンスはできないのでカバー工法をご提案させて頂きました。外壁は塗装でのメンテナンス。それに加えて外構部分もメンテナンスをしたことで見違える外観になりました。

施工事例データ

施工場所 神奈川県横浜市旭区
施工方法 屋根カバー工法 外壁塗装
屋根仕上材 ビルトマテリアル GMルーフ モスグリーン
外壁仕上材 アステックペイント シリコンREVO カラーボンドスムーススクリーム/カラーボンドウィザードコッパー

屋根の診断写真

屋根の診断写真

防水性の切れ ひび割れ 屋根材の浮き
スプレーで水を吹きかけると染み込む状態です。スレート瓦の防水性が切れてきています。 瓦の塗膜防水が低下している為、冬場など寒い時期に瓦に雨水が浸み込み、凍結・膨張し寒割れにて瓦にひび割れが発生しております。 スレート瓦が層間剥離を起こしております。このスレート瓦には塗装はできません。ニチハのパミールが使われていることが確認できました。
棟板金の浮き 釘浮き シーリング割れ
棟板金が浮き瓦との間に隙間ができてしまっています。 釘が抜けかけています。 シーリングが劣化により裂けてしまっています。


屋根施工中の様子

高圧洗浄。 棟板金撤去。 棟板金下地撤去。
高圧洗浄で汚れを全体的に落とします。 棟板金を撤去します。 棟板金の下地撤去します。
雪止め撤去。 防水シート。 ケラバ設置。
雪止めを撤去します。 全体の凹凸をなくしたところでアスファルトルーフィングを敷きます。 ケラバを設置します。
屋根材設置。 棟板金下地設置 雪止め設置
カバー工法の屋根材として今回はGMルーフのモスグリーを葺いていきます。 新しい棟板金下地造作していきます。 雪止めも新設されて安心です。

屋根の施工が完了しました!

202008oosama-go008.JPG

外壁の診断写真

外壁の診断写真

外壁の苔 シーリング穴 外壁の割れ
外壁の塗膜防水が低下している為、湿気が滞留しやすい状態になっており苔が発生しています。 シーリングが劣化とともに穴が空いてしまっています。 多くのクラック(ひび割れ)が発生しております。
シーリングの裂け
シーリングを伸縮させる可塑剤が約5年程で揮発する為、シーリングが劣化しています。


外壁施工中の様子

シーリング

既存シーリング材撤去。 目地清掃。 プライマーの塗布。
既存シーリング材を撤去します。 細かいゴミや付着物があると剥離の原因になるので丁寧に目地を綺麗にします。 プライマーの塗布しシーリング材の接着を良くします。
シーリング材の充填。 シーリング材のヘラ抑え。 完成。
シーリング材の充填を行います。 シーリング材をヘラで整えます。 マスキングテープを剥がせば完成です。


外壁塗装

高圧洗浄 下塗り 黒く塗る部分の中塗り
高圧洗浄で塗装部の汚れや苔を落としていきます。 下塗りで下地と上塗りの塗料をつなぐ層を作ります。 アクセントで濃い色を塗る部分中塗りになります。
白く塗る部分の中塗り 黒く塗る部分の上塗り 白く塗る部分の上塗り
全体のベースになるクリーム色の中塗りになります。 アクセントの濃い色の部分の仕上げになります。 クリーム色部分の仕上げになります。


付帯部・軒天塗装

ケレン作業。 錆止め。 中塗り。
シャッターボックスは金属なのでケレン作業でまず目荒らしを行います。 金属部なので錆止めを塗布します。 水切り部も同じように作業を行います。
上塗り。 付帯部に錆止めを塗布します。 付帯部に中塗りをします。
シャッターボックスは上塗りをして完成です。 軒天部分上塗り1回目になります。 軒天上塗り2回目で仕上げです。


雨樋・破風板の塗装

雨樋上塗り1回目。 雨樋上塗り2回目。 破風板ケレン。
雨樋をケレンし1回目の塗装を行います。 雨樋の仕上げです。 破風をケレンします。
ケレン後にシーラを塗布して下地を作ります。 破風の1回目の塗装。 破風の仕上げになります。
ケレン後にシーラを塗布して下地を作ります。 破風の1回目の塗装。 破風の仕上げになります。


外構の塗装

外構高圧洗浄。 外構クラック補修。 外構下塗り。
外構の高圧洗浄を行います。外壁に加えて一部擁壁部にトップコートも施していきます。 まず塀のクラック補修を行い不陸をなくします。 その後塀の下塗り。
塀の中塗り。 外構上塗り。
塀の中塗り。 塀の上塗りをして完成です。


外壁の施工が完了しました!

oku_after.JPG

担当者より

はじめてのメンテナンスということで色々ご不安なところ多々あったと思います。また数社の中から弊社を選んでいただき誠にありがとうございました。仕上がりも良く新築時とはまた違った雰囲気になったと自負しております。今後も何かあればヤネカベにご相談ください。



ヤネカベが大切にしているたった1つのこと
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
  • 外装リフォーム勉強会
  • お問い合わせ
  • お見積もり
  • 資料請求
  • 勉強会